記事一覧

「あぁ、だから僕たちは走るのか」~インターバル走に沖和彦さんをお招きして~

IMG_8961.jpg
「走ることで人生を素晴らしく」


2016年7月30日
プロランニングコーチ沖和彦さんをお招きしてのインターバルトレーニングを行いました。

質の高い、内容の濃い充実した練習会となり、
参加された方々も、また私もたくさん学ばせてもらい、
大満足で無事に終わりました。

自らの目標に向かって、自身を磨こうとする人たちが集まっての練習会。
そこから見える「走る」ってなんだろうという思い。
ランナーズバルコレールって、どういう役割をはたしているのだろうという思い。

独り言のように書かせて頂きます。




「走る」とはなにか


沖さん曰く、「走ることは人生をより良くする手段」。


その通りだと思います。
「走ることを通して、より幸せな人生を過ごしていく」
苦しい不幸な人生を歩むためにわざわざ走っている人はいないでしょう。

人生の行きつく先は「死」ですね。
誰しも結果は同じですが、内容は違います。

「どう生きるのか」
死ぬまでの過程にこだわっていく。
より良く生きていく。
心も身体も健康に、明るく・楽しく・幸せに生きていく。

「走ること」はその為の手段の1つ。
苦しいインターバル走。
それをこなすことで自分を1つ上のステージにもっていく。
より磨かれた自分で生きる。
そうすると新しい世界が開けてくる。
人生を楽しむ選択肢が増える。
自分で自分の人生をよりコントロールできる。

走らない人は「なんでそんな苦しい思いをして走っているのかわからない」とよく口にされます。
その答えは「走った人にしかわからない」でしょう。

走らなければ新しい世界は開けませんし、選択肢も増えません。
過去には「42.195㎞を走る」なんて信じられない自分がいました。
マラソン中継を見て「なんでこの人たちはこんなアホみたいな距離を走っているんやろ?」って思っていました。
まだステージに上がっていない、新しい世界が開けていない、選択肢の少ない自分です。

でも今は、自分の人生をより楽しもうと、よりよくしようと思って、
日々を生きています。




ランナーズバルコレールの役割


僕の「人生をより良くしよう」という取り組みは「走ること」だけではなく、
「食べること」にも波及していきました。

「人間の身体は食べたものでできている」
健康で幸せで楽しい、明るい人生を、
ステップアップしながら生きていくうえでは欠かせない要素でした。

自分の体にどれだけの「毒」を取り込んで今まで生きてきたのか。
今思えばすごく怖いです。

グルテンフリーを始めて、食品添加物の摂取を抑えだしてからの自分の体調の良さを実感すると、
もうそのステージからは下りられなくなりました。

そして、なぜこんな「毒」にまみれた食品が溢れかえっているのか。
なぜ提供している側は平気で提供しているのか。
アレルギーやビーガン、オーガニック、宗教。
「食」のバリアを作られて、困っている人たちがこんなにいるのに・・・。

日本の食ってなんて冷たいんだろうと思いました。
そして、自分もこれまで無関心だったことに猛省しました。

「走ること」と同じように、
「より良い人生」を生きていくために「食べること」も手段の1つ。
そして、「食べることは」とてもとても大事な手段です。

でも、提供する側が圧倒的に少ない。
奈良に関していえば壊滅状態。

自分だけではなく、他の人にも「食べること」、「走ること」を通して、
よりよい人生を手に入れてもらいたい。
多くの人に知ってもらい、体験してもらいたい。
「走る」でも「食べる」でもアプローチできる『場』を作ろうと思い、
出来上がったのが当店、ランナーズバルコレール。

インターバル走が終わって、参加された方々がともに食事をして、
大いに会話が盛り上がる。
「より良い人生」を手にしてもらうための『場』となれば。
少しでもその役割を果たせているような気がします。




沖和彦という男


インターバル走の内容に一切触れずにこんなブログ記事を書くことになったのも、
今回コーチをして頂いた沖和彦さんのせいだろう(笑)

彼について多くを語れるほどの付き合いがあるわけではなく、お会いしたのもまだ2回。
ただ、これからも一緒に人生をより良くしていく『場』を作っていこうとしています。

僕も沖さんも今年で30歳。
独立した時期も同じ頃。

お互いにかどうかはわからないが、
僕からするとやはり惹かれる部分というか、意識してしまう存在。

雇われることや組織に属することが性に合わないところは、
かなり似ているのかもしれません。

独立したのは「やりたいことがあるから」でしょう。
「実現させたいビジョン」があるからでしょう。

確固たる思いをもって生きている人って素晴らしいです。
彼がこれからどんなことをしていくのか、
とても興味深いというか、見ていきたいなと思ってしまいます。
(別に思ってもいいんですけどね・・・(笑))

なんというか、「なんか味のある男」。
それが僕の見た「沖和彦という男」です。







なんのために走るのか


「よりよく生きるために人は走る」

色んな理由があります。
ダイエットのため。単純に楽しいから。気持ちいいから。
健康のため。スポーツの能力を高めるため。
電車に乗り遅れないようにするため。
楽しいことが待っているから。

数えだしたらキリがありませんが、走る理由に共通することがあります。
それは、走る時は決して「より悪く」するためには走らないということです。
より良くするために、より良い結果を求めるために、人は走ります。

ランナーズバルコレールは、
「よりよく生きていくための『場』」を提供していきたいと思います。

きっとそれは沖和彦さんも同じ思いなんじゃないかなと思います。



それではまた。






応援のクリックお願いします!(^^)!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサードリンク







IMG_6393.jpg


Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
「あなたと誰かの居場所創り」をテーマに、
「食べる」と「走る」で健康的なライフスタイルを提供している、
ならまちにあるグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバル。
食のバリアフリーにも挑んでおります。

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp
ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!


Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード


オーナーNOPE
IMG_6065.jpg

1986年4月14日生まれ。
佛教大学社会福祉学部卒。
2014年8月、ダイエットのためにランニングを開始。
初めは30分も走れない状態からフルマラソン完走を目指す。
2015年3月1日、淀川寛平マラソンにて初マラソン完走&サブ4達成。
以後、大阪マラソンや奈良マラソン、トレイルランなど走る世界にどっぷりつかる。
身体をさらに引き締めるために2015年夏グルテンフリーを始める。
グルテンフリーを始めてから、自分がグルテン不耐症だったと気づく。
小麦粉が含まれている加工食品を食べない食生活により、汗の嫌な臭いまでなくなる。
汗の臭いがなくなったのは加工食品に含まれる食品添加物を食べなくなったからだと気づく。
オーガニックフードにこだわり始め、食の大切さに加え「人間の身体は食べた物でできている」と痛感する。
外食をした時に何も食べられるものがなく、社会から取り残されたショックを味わう。
社会福祉、ランニング、グルテンフリー、オーガニックフードをひっくるめた事業を起こそうと、
ランナーズバルコレールをならまちに2016年3月にオープンさせた。
【マラソン自己ベスト】
3時間15分23秒(奈良マラソン2015)

オーナーブログ
「We can do ~ラ
ンニング初心者がフルマラソンサブ3ランナーになる方法(只今実践中)~」


グルテンフリーするなら必読!おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)



私のグルテンフリーの原点。
世界最高峰テニスプレイヤーのジョコビッチ選手が証明するグルテンフリーの絶大な効果!
ダイエットから健康づくり、トップアスリートまで全ての人に共通する、
現状を打破するための『鍵』が書いてあります!
グルテンフリーに少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ読んでみることをおススメします!


『この4つを食べなければ病気にならない』崎谷式パレオ食事法

新品価格
¥1,296から
(2016/5/12 17:56時点)



グルテンフリーを始めて、加工食品や乳製品も食べなくなると、
自然と体調がよくなり、体臭や汗の臭いが改善された不思議。
人間が本来食べるものを食べる生活がどれだけ身体にいいのか。
本来食べない物を食べ続けることがどれほど体に負担をかけているのか。
一度数週間食べない生活を送ってから、食べてみると簡単にわかります。
食事制限が大変な人は、まずはこの本を読んでみてください。





スポンサードリンク




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Runner's BAR CORRER

Author:Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
Runner's BAR CORRER


「あなたと誰かの居場所づくり」をテーマに、「食べる」と「走る」で、地域課題・社会課題の解決を目指す、全く新たなグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバルです。
当店が提供する料理には小麦はもちろん、化学調味料などの食品添加物は一切添加しておりません。


〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
OPEN10:00~CLOSE22:00
毎週木曜定休
日曜要予約
18時以降は立ち飲みバースタイルでドリンクのみの提供
18時以降のお料理提供は前日までのご予約必須

【ランチプレート】
¥1400
【ランチカレーセット】
¥1200
【オーガニックコーヒー】
¥450
【ビール】(アサヒスーパードライ)
¥400
【グラスワイン】
¥300~
【春鹿300ml】
¥1200
【ディナーセット】
¥2000~¥4000

アレルギー等に合わせた調理可能です♪
ベジタリアン・ビーガンにも対応します。
盲導犬・聴導犬・介助犬との同伴もちろんOK!
お子様連れも問題ありません(^_^)
English Menu あります。
英語での接客も可能です。
English Spoken


席数
【1階】
立ちのみカウンター
【2階】
テーブル席×最大16名


ランニングイベント開催しています!
ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!

『ならまちかけっこ教室』
5歳~11歳の子どもを対象により速く走れるようになるための教室を開講中!


ご質問などあればお気軽に問い合わせください。






スポンサードリンク

おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング参加中

スポンサードリンク