記事一覧

「大仏鉄道遺構巡りラン13K」~ノスタルジックランニング~

IMG_6763.jpg
大仏鉄道。
明治31年(1898年)から明治40年までのわずか9年間だけ存在した幻の鉄道。
点在する遺構に1世紀以上の過去へと思いをはせて、
自らの脚で駆けた13㎞。

今回はそんなノスタルジックなランニングイベントの模様をお伝えさせて頂きます。


ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。







幻の大仏鉄道


明治31年は「るろうに剣心」よりも、もう少し後の時代。(←かなり偏った時代背景説明すいません(笑)
ちなみに奈良市制もこの年から実施されました。

近代化の進む日本ですね。

4月に開業した奈良から京都の加茂をつなぐ9.9㎞の鉄道は、
東大寺大仏殿の最寄り駅「大仏駅」が大変にぎわったそうです。

ですが、現在の鴻ノ池陸上競技場へと向かう坂道などの急勾配で、
25‰(パーミル)の難所越えがあったためにかなり運行に支障があったみたいです。
(25パーミルとは1000mで25m登る坂道)

加茂―木津―奈良間の平坦なルートが開通すると、
大仏線は必要なくなり、
わずか9年で廃線となりました。

当時の資料も非常に少ないのですが、
隧道(ずいどう)や橋台が今でも現役で活躍するものもあり、
遺構を巡るルートは人気のコースとなっています。





大仏駅~黒髪山トンネル


今回の参加者は西は兵庫県明石市から東は横浜と、
本当に遠くから奈良に来ていただけました。

最年少は小学3年生のわが息子!
う~ん・・・本人はやる気満々だけど、本当に大丈夫なのか心配。


定刻9時に当店を出発。
まずは大仏駅を目指します。
IMG_6838.jpg
シューズ円陣

当店から天理街道をまっすぐ北へ向かうと、奈良公園を横切ります。
そこでお馴染みの鹿先輩にご挨拶をして、
さらに北へ。

奈良女子大の裏手を通る奈良マラソンルートを通って西へと向かうと、
かつて大仏駅があった場所へとたどり着きます。

そこは小さな記念公園があるだけで、
ここに鉄道が敷いてあったなんて想像もつかないような住宅街です。

幻の大仏駅のイメージを膨らませ、
我々は、当時走っていたSLと同じように大仏駅から加茂駅へと向かいます。

奈良マラソンのスタート&ゴール地点の鴻ノ池陸上競技場。
その横を通る道路はかつて大仏鉄道の線路が敷かれてあった場所だったんですね。

奈良マラソン名物、ゴール直前の急坂を駆けあがり、
黒髪山トンネルへ。

奈良マラソンを走るランナーにとっても、
100年以上前に走っていたSLにとっても、
ここの坂は辛い坂なのは変わりないみたいです。

黒髪山トンネルといっても、
今はもうトンネルはなくなってしまって切り開かれています。

IMG_6841.jpg

トンネルが残っていれば、すごくお洒落なんだろうなぁ~と思いつつ、
今はただの道路を通過していきます。





鹿川隧道~松谷川隧道~井関川橋


黒髪山トンネルを抜けるて、坂道を下って登って、また下ると道の左側になにやら看板が。

鹿川隧道の案内看板でした。

鹿川隧道を見るには道からそれて、いかなければいけません。
案内看板は鹿川隧道の真上に立てられているので。

IMG_6769.jpg


今も現役で遺るレンガ造りの隧道に、昔の人たちの凄さを感じました。

鹿川隧道より先はいよいよ京都府。
奈良県とは一旦お別れです。


普通の赤レンガと焼き過ぎレンガを交互に並べためちゃくちゃお洒落な松谷川隧道。
100年以上前に、今にも通じるセンスの持ち主が造られたんでしょうね。

IMG_6843.jpg


井関川橋にはかつてここをSLが駆け抜けていたであろう、
という説明書きの看板が立っていました。

ヨーロッパのように、日本人がもっと既存の建物を大切に遺し続けていたら、
お洒落な田舎がたくさん現代に存在していたんだろうなぁ~と、
寂しい思いもしましたね。




赤橋~梶ヶ谷隧道~鹿背山橋台


ここまではかなり開けた広い道沿いを走ってきましたが、
ここからは木々がうっそうと生える山の中へと入っていきます。

とはいってもコースのほとんどが舗装されたロードです。

井関川橋梁跡まではコンビニをかなり目にしますが、
ここから先はコンビニなどとは無縁の世界ですので、
補給やトイレなどあれば先に済ませておくことをおススメします。


「大仏鉄道遺構巡り」のオモテルートは加茂駅からなので、
今回は逆走なのですが、
徐々に見ものの遺構が出てくるこのウラルートの方が僕は好きです。

IMG_6781.jpg
赤橋
スタイリッシュなフォルムが大人気の赤橋。
大仏鉄道遺構巡りの人気スポットです。

IMG_6782.jpg

この赤橋は今も現役で活躍している橋で、今は上を線路ではなく道路が通っています。

道路を支えているのがこの石柱と丸太。
IMG_6784.jpg
途中で改修などされていなければ、100年以上も支え続けているのでしょう。
スゴイ。

IMG_6787.jpg
加茂側からの赤橋。
これもまた哀愁が漂って、懐古の情が湧き出てきます。
といっても、当時を知っているわけではありませんが。

股下の長い赤橋は、とってもオシャレですね。


赤橋を過ぎてすぐにはベンチもあって、ちょっとここでポップオーバーをみんなで食べて休憩。
まさかのオリーブのコンフィチュールを忘れるという失態を演じてしまいました(;´Д`)

なんとかカロリーも補給して、次の梶ヶ谷隧道へ。
ここは僕にとって大仏鉄道遺構巡り1番のお気に入りスポットです。

IMG_6790 - コピー

梶ヶ谷隧道への入り口。
雰囲気出まくりですね。

今となっては人目につかない場所で、100年以上も変わらずにこの場所にあって、
今もなお中を通り抜けれる隧道。

IMG_6792.jpg
最初から最後までレンガ造りのトンネル。
とってもお洒落。

梶ヶ谷隧道の横には現代に造られた真新しいトンネルが。
IMG_6794.jpg
味気ないですね。

IMG_6793.jpg
できればもう100年先もずっと遺り続けて欲しいと思います。


梶ヶ谷隧道を通り抜けて、向かうは鹿背山橋台。
竹林の間を抜けていきます。

IMG_6798.jpg
屈強な立ち姿の鹿背山橋台。
今は草木がうっそうと生い茂っていますが、ここもかつてはレールが通っていたんですね。
マニアにはかなり人気が高いスポットらしいです。

鹿背山橋台を抜けると加茂駅までもうあと少し。
遺構巡りも終わりが近づいてきました。

IMG_6850.jpg





観音寺橋台~C57~ランプ小屋


観音寺橋台。
ここはJR関西本線の電車が通る橋台と並んで立っていて、
かつてSLが走っていた、今はもう使われていない遺構と、
現役の橋台を同時に楽しめるスポットです。

IMG_6803.jpg

手前が大仏鉄道遺構。
奥が現役のJR線路。
タイミングよく電車が走ってきたら、絶好のシャッターチャンスですね。

赤橋や鹿背山橋台もそうなんですが、こういった橋台は全て強度をもたせるために、
ほんの少しだけ傾いているんです。
24分の1(86.1度)だけ上に向かって傾斜がつけられているんですね。

100年以上経っても今もなお立ち続けている理由のひとつでしょう。

観音寺橋台からはルートが2つに分かれます。

JR線の東側を行く「歴史を感じるコース」と、
西側を行く「田園風景を楽しむコース」です。

今回は「田園風景を楽しむコース」を選びました。
天気がめちゃくちゃ良かったので、こっちのコースを選んで正解だったなぁ~と(^-^)

ちなみに「歴史を感じるコース」近くには美味しいコーヒーが飲める焙煎所、
「ナカヤマコーヒー」さんがあります。
12:00からの営業ですが、ここで一休みされるのもいいかもしれません。
IMG_6809.jpg
ナカヤマコーヒーHP


観音寺橋台を後にして、「田園風景を楽しむコース」を走り始めてすぐ、
まさにお約束の出来事が(笑)


ゴゴゴゴゴオゴオオオ・・・・・。


「?」
「これは・・・。」
「まさか・・・。」

一同、顔を見合わせて振り返ると、
「やっぱり!!」

奈良側から加茂駅へと向かって電車が走ってきました(笑)


カメラを抱えながら走られていた参加者さんもいらっしゃって、
かなり残念そう・・・。

「もってないなー・・・。」なんて言いながら、
あそこの橋台の看板部分に電車通過時間を書いてほしいな~、
なんてみんなでわがままを言いながら、もう目と鼻の先にある加茂駅を目指しました。
IMG_6851.jpg

田園風景を楽しみながらしばらく走って、
加茂小学校の前を左に曲がると線路沿いの細い道に。

ひょっこり顔をだしてくるのが「SL C57」。
SLといえば「D51(デゴイチ)」が有名ですが、
C57はデゴイチに比べて小ぶりな蒸気機関車。

それでもやっぱりカッコいいですね。

ここまでかつてSLが走ってきた道を自分たちの脚で進み、
走り切った末に出会えるSLには、なんとも感慨深いものがあります。

ということで、ここで記念撮影。
IMG_6854.jpg
ちょっと眩しそうですね。

さぁ!あとは駅までほんの少し!
予定していた11時15分の電車には完全に間に合わなかったけど、
次の電車には間に合うようにラストスパート!!


ランプ小屋~加茂駅(ゴール)


IMG_6856.jpg
加茂駅の開業当時に建てられたランプ小屋。
ランプ小屋とは、その名の通りランプとかの照明器具や燃料を保管していた倉庫のことです。

正直、これ一人で試走に来たときにめちゃくちゃ探しました(笑)
看板も何も立ってなくて、このドアは道路側ではなく線路側にあるので、
見過ごしてしまう率98%ぐらいあります。

IMG_6857.jpg
こんな所でバルやったら雰囲気もあっていいなぁ~なんて思いました(・∀・)



と思っている間に加茂駅到着!!
みんな一緒に無事13㎞の行程を完走、ゴールできました!(^^)!

そこで息子の一言。
「自分でも走り切れると思わんかった!!」って(笑)

みなさん大爆笑!

だからリタイアしろとあれほど言ったのに(^▽^;)
でも、最後までしっかりついてきて、走り切ったのは本当に偉かったと、
みなさんからお褒めの言葉を頂き、かなり得意気に。
(かなりスローペースで申し訳なかったですが・・・。)

しかし、1人ひとりが主役の「大仏鉄道遺構巡りラン」になって本当によかったと思いました。
ふいに春日大社に来たくなって、前々から大仏鉄道遺構巡りをしたかったカメラランナーさんや、
富山で初マラソンにチャレンジするランナーさんに、
明石から楽しめるランニングイベントを求めて当日飛び入り参加してくださったランナーさん。

みなさんそれぞれにドラマがあって本当にマラソン、ランニングって素敵です。

これからもステキな出会いに感謝して、そしてそれを大切にしながら、
楽しめる企画を練って、開催していきたいなと思います!(^^)!

ありがとうございました。

またこれからもたくさんの方のイベントのご参加を心よりお待ちしております。
それではまた。

当店のランニングイベントはRUNNET・モシコムにて参加者を募集しております。
ランネット
モシコム
大会・イベント検索から検索可能です。


応援のクリックお願いします!(^^)!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






runnersbarcorrer手書き

Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
「あなたと誰かの居場所創り」をテーマに、
「食べる」と「走る」で健康的なライフスタイルを提供している、
ならまちにあるグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバル。

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp

Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード


オーナーNOPE
NOPEイメージ画像
1986年4月14日生まれ。
佛教大学社会福祉学部卒。
2014年8月、ダイエットのためにランニングを開始。
初めは30分も走れない状態からフルマラソン完走を目指す。
2015年3月1日、淀川寛平マラソンにて初マラソン完走&サブ4達成。
以後、大阪マラソンや奈良マラソン、トレイルランなど走る世界にどっぷりつかる。
自己ベスト
3時間15分23秒(奈良マラソン2015)

オーナーブログ
「We can do ~ラ
ンニング初心者がフルマラソンサブ3ランナーになる方法(只今実践中)~」





スポンサードリンク



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Runner's BAR CORRER

Author:Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
Runner's BAR CORRER


「あなたと誰かの居場所づくり」をテーマに、「食べる」と「走る」で、地域課題・社会課題の解決を目指す、全く新たなグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバルです。
当店が提供する料理には小麦はもちろん、化学調味料などの食品添加物は一切添加しておりません。


〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
OPEN10:00~CLOSE22:00
毎週木曜定休
日曜要予約
18時以降は立ち飲みバースタイルでドリンクのみの提供
18時以降のお料理提供は前日までのご予約必須

【ランチプレート】
¥1400
【ランチカレーセット】
¥1200
【オーガニックコーヒー】
¥450
【ビール】(アサヒスーパードライ)
¥400
【グラスワイン】
¥300~
【春鹿300ml】
¥1200
【ディナーセット】
¥2000~¥4000

アレルギー等に合わせた調理可能です♪
ベジタリアン・ビーガンにも対応します。
盲導犬・聴導犬・介助犬との同伴もちろんOK!
お子様連れも問題ありません(^_^)
English Menu あります。
英語での接客も可能です。
English Spoken


席数
【1階】
立ちのみカウンター
【2階】
テーブル席×最大16名


ランニングイベント開催しています!
ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!

『ならまちかけっこ教室』
5歳~11歳の子どもを対象により速く走れるようになるための教室を開講中!


ご質問などあればお気軽に問い合わせください。






スポンサードリンク

おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング参加中

スポンサードリンク