記事一覧

「毒」を毎日せっせと食べて、都合よく搾取されているあなたへ

無題


こんにちは!
「走る」と「食べる」で健康的なライフスタイルを提供している
ランナーズバル・コレールの吉田です。


コレールのランニングイベントは基本的に「お食事つき」です。
コレールの食事を食べるためにイベントに参加される方も多い?とかなんとか。

なぜお食事つきなのか?

それは運動以上に食の大切さ、重要性を伝えたいからです。

動物が動くのは、ほぼ食べるためです。
餌を探す、見つけた餌を獲る。
その為に動物は動きます。

人はもはや食糧を見つける為に、
10数キロという長い距離を歩いたり、走ったりしなくてもいいですし、
動物を狩るために走り回る必要もありません。

簡単に高カロリーな食べ物が手に入りますから。

10数キロも歩いたり、走ったりしていたころの食事は、
動物や木の実、根茎などが主だったわけです。
1万年まえまで人間が営んでいた狩猟採集生活ですね。

狩猟採集生活は炭水化物中心の食事ではありません。

ですが、今は毎日そんなに運動もしないのに、
炭水化物中心の食事をしています。

さらに、狩猟採集の頃は当たり前なんですが、
自然の恵みをそのまま頂いてました。

鹿も猪も牛も鳥もみな野生。
木の実も根茎もみな野生。

だから、ホルモン剤使われているなんてことありませんし、
薬を使われているなんてこともありませんね。
もちろん農薬や化学肥料だってそうです。

すべて、1万年ほど前に全世界へ一斉に広まった農耕牧畜生活が始まってからのことです。



農耕牧畜生活が始まって、人間はどう変わったのか?



農耕牧畜生活が始まってから、
人間は病や様々な障害、飢餓、重労働などとの闘いが始まりました。
実は狩猟採集生活の方が衛生面でも優れていたんですね。

例えば、虫歯だって狩猟採集生活の時にはほとんどみられなかったもの。
それが農耕牧畜生活が始まると死に至るような虫歯との闘いが始まったわけです。

別に農耕牧畜生活が悪いと言っているわけではありませんよ。

そういった闘いから今の文明が築き上げられたということです。

農業はより効率化を求められて、
僕たちが当り前に食べる物はもはや食べ物とは呼べないものばかりになりました。

食品添加物の多くは石油から作られていたり、
遺伝子組み換え食品から作られていたりしますね。

家畜は本来の生き方をさせえもらえず、
病気になるので薬漬け。
早く成長させるためにホルモン剤を与えられていますね。

野菜も化学肥料に農薬まみれ。
JASの有機認証なんてザル認証でしかない。

こんな身体にとって不健康なものを食べ続けていて、
より良い身体でより良い走りができるのでしょうか?



心を壊された現代人


一時の筋肉量やら、ビタミンやら、アミノ酸がどうたら、ミネラルが~とか言って、
わけのわからないものを摂りまくっていて、
それが一体なんのプラスになるのでしょうか?

「俺はこの時さえ良ければそれでいい」とか、
「身体に悪いのはわかってるけど」とか言いながら、
一方では、
「自然を大事にしよう」とか、
「身体を大事にしよう」とか、
「コンディション管理しよう」とか言う意味不明な人も多いですよね。

粗悪なものは自然環境に悪影響を及ぼしますし、
間接的に自然破壊を助けているわけですよね。

身体を腐らせているとか、
癌の原因になっているとか、
体調を悪くしているとか、
自然環境の悪化とか、
劣悪なものを売りつけている大企業はそんなんお構いなしなんですよ。

「国が認可しているから」
これで終了です(笑)

皆の身体が悪くなれば、病院は儲かりますし、
社会保障費は膨れ上がって、増税もできますし、
保険料も引き上げていけますから、
どんどん搾取されちゃいますね。

それでも僕たちは自ら進んでその道を漫然と突き進んでいくわけですよ。

誰かに「そんなん食べたり飲んだりしていたら身体悪くするよ」とアドバイスをもらっても、
「そんなん言ってたら食べる物ないから・・・」
「そんな手間かかることしている時間がないから・・・」
「そんなん言ってるとお金かかるから・・・」

『それぐらいなら身体を毒に晒した方がまだマシ』
もう完全に心を破壊された状態なんです。


そんな破壊された心を、美味しい料理でもう一度復活させたい。
身体に優しい素材で作られた料理で。

お腹は第2の脳ともいわれています。
時には脳を支配して、腹で考えることもあります。
思考よりも大切な、その奥にある部分をお腹は知っています。

腹の声を聴いてあげてください。


友だち追加数



Runner's BAR CORRER
吉田 りょう



応援のクリックお願いします!(^^)!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



【本当の食育やってます】走ると食べるコレールの寺子屋道場【残り3名】




IMG_6393.jpg



Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
「あなたと誰かの居場所創り」をテーマに、
「食べる」と「走る」で健康的なライフスタイルを提供している、
ならまちにあるグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバル。
食のバリアフリーにも挑んでおります。

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp


ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!




Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード


オーナー吉田 龍
IMG_6065.jpg

1986年4月14日生まれ。
佛教大学社会福祉学部卒。
2014年8月、ダイエットのためにランニングを開始。
初めは30分も走れない状態からフルマラソン完走を目指す。
2015年3月1日、淀川寛平マラソンにて初マラソン完走&サブ4達成。
以後、大阪マラソンや奈良マラソン、トレイルランなど走る世界にどっぷりつかる。
身体をさらに引き締めるために2015年夏グルテンフリーを始める。
グルテンフリーを始めてから、自分がグルテン不耐症だったと気づく。
小麦粉が含まれている加工食品を食べない食生活により、汗の嫌な臭いまでなくなる。
汗の臭いがなくなったのは加工食品に含まれる食品添加物を食べなくなったからだと気づく。
オーガニックフードにこだわり始め、食の大切さに加え「人間の身体は食べた物でできている」と痛感する。
外食をした時に何も食べられるものがなく、社会から取り残されたショックを味わう。
社会福祉、ランニング、グルテンフリー、オーガニックフードをひっくるめた事業を起こそうと、
ランナーズバルコレールをならまちに2016年3月にオープンさせた。
【マラソン自己ベスト】
3時間15分23秒(奈良マラソン2015)

オーナーブログ
「We can do ~ラ
ンニング初心者がフルマラソンサブ3ランナーになる方法(只今実践中)~」


スポンサードリンク








関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Runner's BAR CORRER

Author:Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
Runner's BAR CORRER


「あなたと誰かの居場所づくり」をテーマに、「食べる」と「走る」で、地域課題・社会課題の解決を目指す、全く新たなグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバルです。
当店が提供する料理には小麦はもちろん、化学調味料などの食品添加物は一切添加しておりません。


〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
OPEN10:00~CLOSE22:00
毎週木曜定休
日曜要予約
18時以降は立ち飲みバースタイルでドリンクのみの提供
18時以降のお料理提供は前日までのご予約必須

【ランチプレート】
¥1400
【ランチカレーセット】
¥1200
【オーガニックコーヒー】
¥450
【ビール】(アサヒスーパードライ)
¥400
【グラスワイン】
¥300~
【春鹿300ml】
¥1200
【ディナーセット】
¥2000~¥4000

アレルギー等に合わせた調理可能です♪
ベジタリアン・ビーガンにも対応します。
盲導犬・聴導犬・介助犬との同伴もちろんOK!
お子様連れも問題ありません(^_^)
English Menu あります。
英語での接客も可能です。
English Spoken


席数
【1階】
立ちのみカウンター
【2階】
テーブル席×最大16名


ランニングイベント開催しています!
ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!

『ならまちかけっこ教室』
5歳~11歳の子どもを対象により速く走れるようになるための教室を開講中!


ご質問などあればお気軽に問い合わせください。






スポンサードリンク

おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング参加中

スポンサードリンク