記事一覧

どこへ向かうのトレランの未来~起こるべくして起きた問題について~

「ハセツネ30k」で失格者がでたことで、
大きな問題になっているとチラ見していたSNSで知りました。

失格者に対する批判や大会運営側への意見やレギュレーションに対する意見など、
色々と議論が行われているようです。

たまたま今回はハセツネ30kで起きた問題ですが、
今までは水面下にあったトレイルランニングのスポーツ競技としての未熟さが、
これから次々に問題として起きてしまうような気がします。

こんな問題が次々に起きると・・・。
トレランのスポーツとしての未来はどうなるんだろ?と思い、
少し自分の意見を書かせていただきました。




トレランってなに?


トレイルランニングは、はっきりとした形がない未熟なスポーツ競技だと僕は思っています。

例えばサッカー。
国際Aマッチのルールは決められていて、世界のどこで行われても同じルールの上で試合がされています。
Jリーグでも、どこの試合会場でゲームをやっても、同じルールです。
審判によって判断は変わりますが。

例えば剣道の試合でガッツポーズをしたり、レスリングでハンカチをもっていなかったり、
ボクサーなら決められたグローブをつけないといけませんし、
野球ならバッターボックスに入るときにはヘルメットをかぶらないといけません。

これはいちいち議論されるようなことではありませんよね。

マラソンにだって距離の測り方やら細かいところまで決まりがあって、
世界的な大会はその規定に基づいて行われています。

野球でヘルメットかぶらずにバッターボックスに入ったり、
サッカーで手を使ったりして、
ルールが悪いとか誰が悪いとか、そんな議論にはなりません。

ルールが決められていて、それに基づいて競技を行うのが、
スポーツでは当たり前だからですよね。


でも、トレランはどうでしょうか?

山を走ればトレラン。
未舗装を走ればトレラン。
トレイルを走ればトレラン。

トレランの定義は色々とあると思いますが、
趣味でやるスポーツなら、ただ楽しむだけなら、
人それぞれでいいと思います。

ですが、スポーツ競技として行うのであれば、
やはり統一された基準が必要だと僕は思うんです。

はっきり言って、ルールすらちゃんと決まっていない、
あいまいな競技に大人たちが大枚をはたいて、
順位がどうのこうの、タイムがどうのこうの、
さらには当事者に対する低レベルな意見まで。
物凄くみっともない気すらします。

僕は偉そうなことを言えるような実力あるランナーではありませんけどね(;・∀・)
けど、そう思うのは事実なので。




どこがトレイルランニングの元締めなの?


サッカーならJFA「日本サッカー協会」。
プロ野球ならNPB「日本野球機構」。
柔道なら「全日本柔道連盟」。
陸上競技なら「日本陸上競技連盟」。

それぞれ元締めがいますよね。

じゃあトレランは?

なんか似たような名前の団体がゴロゴロしています。
全然まとまりなんてありません。

そりゃね、問題起きますよ。

だって、色んなところが覇権争いしているんだから。

トレランは山岳競技なのか?一体なんなのか?
ここでもめているんですから。

爆発的に競技人口も大会の数も増えているのに、
大会を運営する側はある意味では自由‼

「オリンピック競技を目指す」って聞こえはいいですし、
そうなってほしいなとも思いますけど、
今のままでは100%無理でしょ。

必携装備品の問題だけではなく、
かねてからハイカーなどの同じフィールドを使う人たちとの衝突もあります。
ロードからトレイルへとはいる人たちの山岳知識のなさがあまりにも酷い場合も・・・。
でも、それで問題を起こしているのはロード出身者だー‼って言ってるようでは、
良くはなりませんよね。

日本トレイルランナーズ協会がトレランの中心人物が集まる団体なのは間違いないでしょう。
日本山岳スポーツ協会、日本トレイルランニング協会や日本トレイルランニング会議、
日体協やらなんやらかんやらと様々なしがらみがあるのは確かではありますが、
もう少し早くなんとかならんのかいな?とも思います。

正直、各協会のホームページを見てもらえば、その体たらくがわかるかと思います。
(会長の名前なんかも注目ではあります。)






ランナーはどうすればいいのか?


「トレイルランニング最大の魅力は多様性と自由さ」だと、
鏑木毅さんは言われています。

僕もその通りだと思うんです。

でも、だからといって大会を運営する側がやりたい放題、
その場しのぎのゴッコ遊びでいいんでしょうか?

明確な統一されたルールに則って運営されている大会だと、
これからは示されていかなければいけないと思います。
例えば「日本トレイルランナーズ協会が定めた競技規則に準拠」みたいなものを、
明示できるシステムというかそういったものが必要なのではないでしょうか。

トップレベルの選手から僕のような市民ランナーまで、
等しく選手として参加する競技なのであれば、
運営側にも選手側にも等しく正しい情報が共有されていなければいけません。

今のままでは同じコースを走る大会でも、主催する団体が違えばルールが変わってしまうわけですよね。
そんな変なスポーツはなかなかありません。
子どものやるドッジボールじゃないんですからね。

問題が起きて当然なんです。
1人ひとりが今後は気を付けよう!みたいな個人云々の課題ではなくて、
「トレラン」というスポーツ競技全体の課題なわけです。

我々一人一人が今後気を付けていくことは、
「その大会がどんな運営団体によって、どんな運営がされている大会なのか」
これを見極めて参加の是非を決めていくことではないでしょうか。
(もちろん山岳知識やルール・マナーなんかもありますけどね。)

いうなら「変な大会にはでない」ということです。
ハセツネ30kですら「いい加減」な運営だと、
なかなか「変な大会」かそうでないか見極めるのは大変ですが。

これだけ「トレラン禁止」みたいな流れがあるなかで、
むちゃくちゃなことをやっている大会もいまだにあると聞きます。

「政治の質は国民の質の現れ」なんていわれますが、
「大会の質はランナーの質の現れ」ではないでしょうか。

スポーツ競技としては未熟なトレイルランニング。
変な方向に盛り上がるのではなく、
これまでの歴史や経緯、現在の状況を知って、
落ち着いた形での進化をとげてほしいなと思います。






応援のクリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






runnersbarcorrer手書き

Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
「あなたと誰かの居場所創り」をテーマに、
「食べる」と「走る」で健康的なライフスタイルを提供している、
ならまちにあるグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバル。

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp

Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード


オーナーNOPE
NOPEイメージ画像
佛教大学社会福祉学部卒。
2014年8月、ダイエットのためにランニングを開始。
初めは30分も走れない状態からフルマラソン完走を目指す。
2015年3月1日、淀川寛平マラソンにて初マラソン完走&サブ4達成。
以後、大阪マラソンや奈良マラソン、トレイルランなど走る世界にどっぷりつかる。
自己ベスト・3時間15分23秒(奈良マラソン2015)

オーナーブログ
「We can do ~ラ
ンニング初心者がフルマラソンサブ3ランナーになる方法(只今実践中)~」

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Runner's BAR CORRER

Author:Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
Runner's BAR CORRER


「あなたと誰かの居場所づくり」をテーマに、「食べる」と「走る」で、地域課題・社会課題の解決を目指す、全く新たなグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバルです。
当店が提供する料理には小麦はもちろん、化学調味料などの食品添加物は一切添加しておりません。


〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
OPEN10:00~CLOSE22:00
毎週木曜定休
日曜要予約
18時以降は立ち飲みバースタイルでドリンクのみの提供
18時以降のお料理提供は前日までのご予約必須

【ランチプレート】
¥1400
【ランチカレーセット】
¥1200
【オーガニックコーヒー】
¥450
【ビール】(アサヒスーパードライ)
¥400
【グラスワイン】
¥300~
【春鹿300ml】
¥1200
【ディナーセット】
¥2000~¥4000

アレルギー等に合わせた調理可能です♪
ベジタリアン・ビーガンにも対応します。
盲導犬・聴導犬・介助犬との同伴もちろんOK!
お子様連れも問題ありません(^_^)
English Menu あります。
英語での接客も可能です。
English Spoken


席数
【1階】
立ちのみカウンター
【2階】
テーブル席×最大16名


ランニングイベント開催しています!
ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!

『ならまちかけっこ教室』
5歳~11歳の子どもを対象により速く走れるようになるための教室を開講中!


ご質問などあればお気軽に問い合わせください。






スポンサードリンク

おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング参加中

スポンサードリンク