記事一覧

比叡山インターナショナルトレイルラン備忘録~人生初のDNF~③

IMG_4482.jpg
比叡山インターナショナルトレイルラン備忘録
~人生初のDNF~③



生れて初めてのDNF。
トップランナーの走り。
仲間の素晴らしい走り。
僕のみた比叡山インターナショナルトレイルラン。

②はこちら




平坦でもまともに走れない。
歩いて境内を移動していく。
なかなか段差のでかい階段を降りていると前をいく女性ランナーの様子がおかしい。
「大丈夫ですか?」と声をかける。
自分が大丈夫じゃないんだけど(笑)
「大丈夫です。いつも攣るんで(^_^)」
えぇー!!
それって大丈夫じゃないってことだけど、それでも一所懸命に階段を降りられていた。

しばらく進むとやってきた長い下り。
相変わらず左脚が痛む。
走って、休憩して、また走って。
どんどん後ろから追い付かれて抜かれていく。
そして、どんどん下りていく。

これ、ここでリタイアしたら登らなあかんのか~・・・。

なんて思いながら、とにかく進めるだけ進む。

階段や林道を下りていくのは結構辛かったけど、柔らかい土のテクニカルな場所はやっぱり楽しい。
どうすればより速く下れるか。
そんなことを考えながら足を運ぶのは、トレイルランニングの楽しみのひとつ。

でも、ずっと走り続けられないので、下っては休憩しての繰り返しだった。

いつまで続くんやろ~って思うぐらい、長い時間下っていたら、前方に知った顔がボランティアスタッフの上着来て、カーベル鳴らしていた。

「脚あかんわ~」というと、
「とりあえず次のエイドまで、エイド着いたらまた次のエイドまでと刻んで考えていきましょう」と言ってくれた。

「ゴールまで」と考えると結構果てしなくなってしまうけど、「次のエイド」ごとに目標を定めると、こなせる数字になる。
数字のマジックやけど、こういう状況ではとっても重要な考え方。

「とりあえず、せりあいまで上がるわ」と言って、前に進む。
ここで長い下りが終わって、せりあい給水ポイントまで果てしない登り。

全く身体が上がってくれない。
ダイトレの岩湧山の登りの時のような、小辺路の果無峠の登りの時のような、もう何十キロと走ってきた後みたい。
いや、もしかしたらそれ以上にキツイかも。

「どんだけ続くねん(笑)」っていうぐらい長い。

すれ違う人も「やっと半分(25㎞)なんですよね・・・」って。
そう。
まだやっと半分。

で、まだ登ってる。
とにかく自分の力で登るしかないので、一歩ずつゆっくりと登っていく。

キツイ状態で山道を登っていると一歩出すことだけを考えている。
いってみたら何にも考えていない。
必至に自分の身体と向き合っている。

恐ろしいほどにしんどいのに、また山へ行こうと思うのは楽しさ、面白さがあるから。
身体ボロボロでヘロヘロになってる自分の、無様ながらも本気で生きている瞬間があるから。

「必死のパッチ」って、普段そんな姿みせるなんて恥ずかしさやらがあるけど、走っている時って晒すしかないし、みんな晒しているし(笑)。

それがええんやろな~。

もちろん、ゆるく楽しむのもいい。

ガランガランとベルの音が聞こえてきた。
1㎝でも前に進んでいればいずれは辿り着くもんで、せりあい地蔵まで登ってこれた。

「ライトチェックしまーす!!ライト準備してくださーい!!」と聞こえてくる。

14時からは、せりあい地蔵でライトチェックがあって、そこで持っていなかったら失格となる。

自分の予定ではライトチェックされる前に通過する予定だったので、これにはかなり驚いた。
そんなに遅れているんや・・・と。
当り前といえば当たり前。
ほとんど歩いているわけやから。

ヘッデン使うつもりもなかったので、バックパックの底からヘッデンを出して、スタッフに見せる。



IMG_4467.jpg

とりあえずせりあい地蔵まで辿り着いた。
14時30分ごろだった。

さてどうする。

ここでリタイアしたら、この道をまた戻ることになるのだろうか?
スタッフに声をかけてみる。
「ここでリタイアしたら帰り道どうなりますか?」
「京都一周トレイルの道を行ってもらうので、下って登る必要はないです。4㎞ぐらいで帰れます。」
ほっとひと安心。
それならとりあえず自力で帰れる。

ここから先に進んだら行って帰ってくるしかなくなる。
第2エイドからここまでの6㎞程度に1時間40分ぐらいかかった。

脚の痛みもなくなったわけではない。

行くか、行かへんか。

悩んだ。
完走したかった。
だけど、やっぱり行ったらあかんなと。
山で無理したらあかん。
誰のためにもならない。

ここでリタイアを告げて、ゼッケンを外す。

50mileのトップ選手が2周目に入っていて、もうすぐここを通過するらしい。

トップは土井選手。

せっかくだから土井さんの走りをみて、応援してから帰ろうと思い、せりあい地蔵でしばし足を休める。

「50mileトップ選手きまーす!」
ごった返していたせりあい地蔵。
土井選手に大きな拍手と声援が送られた。


IMG_4473.jpg


他の選手が歩いて登っている登り坂を一瞬で駆けあがって消えていった。
ハッキリ言って、「バケモノやん・・・」って思う。
(一緒に野菜食べていた時は普通の人間やったのに・・・)

もはやヘンタイとかそういうレベルではないなと感じる走り。
同じ人間、あのレベルは無理にしても、自分もまだまだやれることがあるなと感じさせてくれる走り。
土井選手の走りからは感動をもらった。



④へと続く



応援のクリックお願いします!(^^)!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


おススメ書籍




IMG_6393.jpg


Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
「あなたと誰かの居場所創り」をテーマに、
「食べる」と「走る」で健康的なライフスタイルを提供している、
ならまちにあるグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバル。
食のバリアフリーにも挑んでおります。

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp


ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!




Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード


オーナーNOPE
IMG_6065.jpg

1986年4月14日生まれ。
佛教大学社会福祉学部卒。
2014年8月、ダイエットのためにランニングを開始。
初めは30分も走れない状態からフルマラソン完走を目指す。
2015年3月1日、淀川寛平マラソンにて初マラソン完走&サブ4達成。
以後、大阪マラソンや奈良マラソン、トレイルランなど走る世界にどっぷりつかる。
身体をさらに引き締めるために2015年夏グルテンフリーを始める。
グルテンフリーを始めてから、自分がグルテン不耐症だったと気づく。
小麦粉が含まれている加工食品を食べない食生活により、汗の嫌な臭いまでなくなる。
汗の臭いがなくなったのは加工食品に含まれる食品添加物を食べなくなったからだと気づく。
オーガニックフードにこだわり始め、食の大切さに加え「人間の身体は食べた物でできている」と痛感する。
外食をした時に何も食べられるものがなく、社会から取り残されたショックを味わう。
社会福祉、ランニング、グルテンフリー、オーガニックフードをひっくるめた事業を起こそうと、
ランナーズバルコレールをならまちに2016年3月にオープンさせた。
【マラソン自己ベスト】
3時間15分23秒(奈良マラソン2015)

オーナーブログ
「We can do ~ラ
ンニング初心者がフルマラソンサブ3ランナーになる方法(只今実践中)~」


グルテンフリーするなら必読!おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)



私のグルテンフリーの原点。
世界最高峰テニスプレイヤーのジョコビッチ選手が証明するグルテンフリーの絶大な効果!
ダイエットから健康づくり、トップアスリートまで全ての人に共通する、
現状を打破するための『鍵』が書いてあります!
グルテンフリーに少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ読んでみることをおススメします!


『この4つを食べなければ病気にならない』崎谷式パレオ食事法

新品価格
¥1,296から
(2016/5/12 17:56時点)



グルテンフリーを始めて、加工食品や乳製品も食べなくなると、
自然と体調がよくなり、体臭や汗の臭いが改善された不思議。
人間が本来食べるものを食べる生活がどれだけ身体にいいのか。
本来食べない物を食べ続けることがどれほど体に負担をかけているのか。
一度数週間食べない生活を送ってから、食べてみると簡単にわかります。
食事制限が大変な人は、まずはこの本を読んでみてください。





スポンサードリンク









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Runner's BAR CORRER

Author:Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
Runner's BAR CORRER


「あなたと誰かの居場所づくり」をテーマに、「食べる」と「走る」で、地域課題・社会課題の解決を目指す、全く新たなグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバルです。
当店が提供する料理には小麦はもちろん、化学調味料などの食品添加物は一切添加しておりません。


〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
OPEN10:00~CLOSE22:00
毎週木曜定休
日曜要予約
18時以降は立ち飲みバースタイルでドリンクのみの提供
18時以降のお料理提供は前日までのご予約必須

【ランチプレート】
¥1400
【ランチカレーセット】
¥1200
【オーガニックコーヒー】
¥450
【ビール】(アサヒスーパードライ)
¥400
【グラスワイン】
¥300~
【春鹿300ml】
¥1200
【ディナーセット】
¥2000~¥4000

アレルギー等に合わせた調理可能です♪
ベジタリアン・ビーガンにも対応します。
盲導犬・聴導犬・介助犬との同伴もちろんOK!
お子様連れも問題ありません(^_^)
English Menu あります。
英語での接客も可能です。
English Spoken


席数
【1階】
立ちのみカウンター
【2階】
テーブル席×最大16名


ランニングイベント開催しています!
ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!

『ならまちかけっこ教室』
5歳~11歳の子どもを対象により速く走れるようになるための教室を開講中!


ご質問などあればお気軽に問い合わせください。






スポンサードリンク

おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング参加中

スポンサードリンク