記事一覧

比叡山インターナショナルトレイルラン備忘録~人生初のDNF~②

IMG_4703.jpg
比叡山インターナショナルトレイルラン備忘録
~人生初のDNF~②



生れて初めてのDNF。
トップランナーの走り。
仲間の素晴らしい走り。
僕のみた比叡山インターナショナルトレイルラン。

①はこちら




まずはどろどろになった手を洗う。
足を洗っている人もいたけど(←犯罪者ではない)、どうせすぐに泥んこになるから手だけ洗っておいた。

振り返ると頬から流血している人が・・・。
「大丈夫ですか?」と声をかける。

エイドのバナナをもらって食べる。
携帯していたボトルの水は500mlまるまると、もう1本が7割ぐらい残っていた。
けど、念のためでタンクの飲料水(と思う)を補充。
この水が口に合わなくて500ml全部棄てることになった。(多分タンクのせいだと思う)
ちゃんと味見しておくべきだったと反省。

ロテルド比叡を出てからは右足首よりも左脚に痛みがあった。
太ももの前面、膝のすぐ上の大腿四頭筋が悲鳴をあげていた。
とにかく痛い。
右足かばって、左足で走っていたので左足が限界を通告してきたのだ。
右足も痛けりゃ、左足も痛い。
しかも、よりにもよって大腿四頭筋。
この筋肉は下りで力を発揮してくれるので、下りを走るのがめっちゃ辛い( ;∀;)

下りを走るだけが頼みの綱だったのに、まさか下りもまともに走れない・・・。
完全に心折れる。

とにかく2A(第2エイド)までは行かないといけない。
20㎞地点の2Aはスタート地点であり、ゴール地点でもある。

全くスピードなんてでないので、後ろから追い付かれるたびに追い越してもらう。
シングルトラックで追い付かれているのに先行を続けると蓋をしてしまって、後ろの人がペースを上げて走られない。
車でいえば、片側1車線の(車線を越えての)追い越し禁止の車道と同じ。

全員に追い越してもらって、その最後尾について走る。
こういう時は1人で行動しているよりも、誰かの後ろについた方が楽。
もちろんすぐにおいていかれる。

そして、また後ろから追い付かれたら追い越してもらって、後ろにつける。
この繰り返し。

階段だろうが坂だろうが、何だろうが痛い。
情けなくもとにかく痛い。

途中、お堂のある場所に出て、たくさんの方が応援してくれている。
本当にありがたい。

そん時ぐらいは笑顔で走る。
できてたかはわからないけど、その気持ちすらないならレースでないほうがマシ。

長~い下りを下りきったら広い車道の横にでた。
そこでこの日、初めて琵琶湖を拝む。
琵琶湖を見るのは去年のワールドラン以来かな?

そういえば今回のこのレースには、去年ワールドランを一緒に走った仲間が結構参加していた。
今年は日本での開催はなくなってしまったし、同じ滋賀県やし、なんかそういう引き寄せられるものもあったんだろう。

IMG_4466.jpg
疲弊しきっていたせいか、いつにもまして、何撮っているかわからんクソみたいな写真w


なんか琵琶湖が見えて感動する。
この時11時半。
スタートから2時間半も経っていた。

ここからは登り。

比叡山高校の野球グラウンド横を抜けて果てしない登りへ(笑)
この日はグラウンドには野球部の姿は見えず。
(誰がどう考えても外で野球する天気ではなかった)
代わりにその下でナース姿の女性たちがレッドブルを配ってくれていました。
飲んではないけど気持ちだけ頂きました(^_^)
エイドありがとうございました。

ここからはとにかく登る、登る。
足はいうこと聞かないけど、登りはまだマシ。
だけど、3㎞ばかしで600mほど登るこの道はなかなかしんどい。

金剛山の郵便道や三峰山登山ぐらいのキツさ。
数字でみればそのはずだけど、もっとキツく感じるのはなぜ・・・。

高見山の方がキツいはずなのに、もっとキツく感じる。
それだけここまでのダメージがあったということなのだろうか。

なんせ長い。
1㎞進むのに一体なん分費やするんやというぐらいに進まない。
キロあたりなん分とかそんなレベルじゃないぐらいに遅い。

気づけば横目にケーブルのレールが見える。

遠くでガラガラ、ガラガラとカーベルの音が鳴っている。
これはもうすぐ2Aに辿り着く!!
って何回か思うけども誘導で立ってくれているボランティアさんだった。
「ありがとうございます。」と(きっと)笑顔でお礼を告げて、次のカーベルの音の鳴る方へ(笑)

一番賑やかなところは間違いなく2A手前や!と思って、頑張る。

18㎞地点ではデコさんがカメラを構えて、ランナーを激写してくれていた。
「デコさん、ありがとうございます。」とお礼と挨拶をして、もう少し頑張る。
(トップの写真はデコさんに撮って頂いた写真です!)

ガラガラ、ガラガラ♪

おっ!
これはめっちゃ賑やかやぞ!
てことは、2Aに辿り着いた!?
と思ったらケーブルの駅だった。

でも、ここを過ぎればもう本当にすぐそこ。
フラットな道すら走れない僕はとにかく歩いて進む。

スタート地点に帰って来た。
やっとのことだった。

時刻は確か12時半頃。
1時間ぐらいかけての登りだった。
そりゃ恐ろしく長いわ。

もうここでリタイアしようと思っていた。

ここから先に進めば、進んだぶんだけ戻ってこないといけない。
この脚の状態では完走できるかもわからないし、残り30㎞進めたとしても、このペースで進んでいたら20時までに帰ってくるのは難しそうだった。

「・・・どうしよっかな~」という時、僕は大体、一旦トイレへ逃げる。
別にトイレに行ったからといって、ただ時間を浪費するだけで何も変わらないんだけど、この日は違った。

トイレでEROTIADで知り合った人とばったり出会った。
なぜかトイレでハイタッチをする。

「足首痛い」という話をして、もう自分のなかではリタイアモード。
「頑張ってください」とトイレを出るその人に声をかけると、
「えっ?行くやろ?」って。

そしたら「行きますよ」と返事をしている自分がいた。

トイレをすまして、エイドによる。
寒くて、配られていたうどんか蕎麦がとても美味しそうだった。
でも、さらに腹まで痛くするわけにもいかないので、ホットコーヒーを購入して、それで温まる。

玄米おにぎりとアーモンド、カシューナッツをポリポリ食べて、再出発。

もう気持ちは「行けるところまで行こう」だった。
まずは6㎞先の「せりあい地蔵給水所」を目指す。

③に続く



応援のクリックお願いします!(^^)!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


おススメ書籍




IMG_6393.jpg


Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
「あなたと誰かの居場所創り」をテーマに、
「食べる」と「走る」で健康的なライフスタイルを提供している、
ならまちにあるグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバル。
食のバリアフリーにも挑んでおります。

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp


ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!




Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード


オーナーNOPE
IMG_6065.jpg

1986年4月14日生まれ。
佛教大学社会福祉学部卒。
2014年8月、ダイエットのためにランニングを開始。
初めは30分も走れない状態からフルマラソン完走を目指す。
2015年3月1日、淀川寛平マラソンにて初マラソン完走&サブ4達成。
以後、大阪マラソンや奈良マラソン、トレイルランなど走る世界にどっぷりつかる。
身体をさらに引き締めるために2015年夏グルテンフリーを始める。
グルテンフリーを始めてから、自分がグルテン不耐症だったと気づく。
小麦粉が含まれている加工食品を食べない食生活により、汗の嫌な臭いまでなくなる。
汗の臭いがなくなったのは加工食品に含まれる食品添加物を食べなくなったからだと気づく。
オーガニックフードにこだわり始め、食の大切さに加え「人間の身体は食べた物でできている」と痛感する。
外食をした時に何も食べられるものがなく、社会から取り残されたショックを味わう。
社会福祉、ランニング、グルテンフリー、オーガニックフードをひっくるめた事業を起こそうと、
ランナーズバルコレールをならまちに2016年3月にオープンさせた。
【マラソン自己ベスト】
3時間15分23秒(奈良マラソン2015)

オーナーブログ
「We can do ~ラ
ンニング初心者がフルマラソンサブ3ランナーになる方法(只今実践中)~」


グルテンフリーするなら必読!おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)



私のグルテンフリーの原点。
世界最高峰テニスプレイヤーのジョコビッチ選手が証明するグルテンフリーの絶大な効果!
ダイエットから健康づくり、トップアスリートまで全ての人に共通する、
現状を打破するための『鍵』が書いてあります!
グルテンフリーに少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ読んでみることをおススメします!


『この4つを食べなければ病気にならない』崎谷式パレオ食事法

新品価格
¥1,296から
(2016/5/12 17:56時点)



グルテンフリーを始めて、加工食品や乳製品も食べなくなると、
自然と体調がよくなり、体臭や汗の臭いが改善された不思議。
人間が本来食べるものを食べる生活がどれだけ身体にいいのか。
本来食べない物を食べ続けることがどれほど体に負担をかけているのか。
一度数週間食べない生活を送ってから、食べてみると簡単にわかります。
食事制限が大変な人は、まずはこの本を読んでみてください。





スポンサードリンク









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Runner's BAR CORRER

Author:Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
Runner's BAR CORRER


「あなたと誰かの居場所づくり」をテーマに、「食べる」と「走る」で、地域課題・社会課題の解決を目指す、全く新たなグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバルです。
当店が提供する料理には小麦はもちろん、化学調味料などの食品添加物は一切添加しておりません。


〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
OPEN10:00~CLOSE22:00
毎週木曜定休
日曜要予約
18時以降は立ち飲みバースタイルでドリンクのみの提供
18時以降のお料理提供は前日までのご予約必須

【ランチプレート】
¥1400
【ランチカレーセット】
¥1200
【オーガニックコーヒー】
¥450
【ビール】(アサヒスーパードライ)
¥400
【グラスワイン】
¥300~
【春鹿300ml】
¥1200
【ディナーセット】
¥2000~¥4000

アレルギー等に合わせた調理可能です♪
ベジタリアン・ビーガンにも対応します。
盲導犬・聴導犬・介助犬との同伴もちろんOK!
お子様連れも問題ありません(^_^)
English Menu あります。
英語での接客も可能です。
English Spoken


席数
【1階】
立ちのみカウンター
【2階】
テーブル席×最大16名


ランニングイベント開催しています!
ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!

『ならまちかけっこ教室』
5歳~11歳の子どもを対象により速く走れるようになるための教室を開講中!


ご質問などあればお気軽に問い合わせください。






スポンサードリンク

おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング参加中

スポンサードリンク