記事一覧

比叡山インターナショナルトレイルラン備忘録~人生初のDNF~①

IMG_4495.jpg
比叡山インターナショナルトレイルラン備忘録~人生初のDNF~①


生れて初めてのDNF。
トップランナーの走り。
仲間の素晴らしい走り。
僕のみた比叡山インターナショナルトレイルラン。


比叡山インターナショナルトレイルランとは


鏑木毅プロデュースの関西最大級のトレイルランニングレース。
2015年に始まり、今年で3回目の開催。
距離は50㎞と50mile(2017年から新設)。
累積標高(例:100m登って50m下って、100m登ったら累積200m)はそれぞれ3700mと5000m。
ちなみに富士山を5合目から登山した場合、5合目の標高が一番低い御殿場ルートで累積標高2266m。(山頂までの距離は10.5㎞。)
公式HP



ここから備忘録


IMG_4461.jpg
ツワモノたちとのシューズ円陣

2017年5月13日。
この日は前日夜から生憎の雨。
コースはズルズルのところは、踏ん張れば確実に滑るようなマッドでスリッピーなコンディション。
スタートをやめる人も少なくはなかった。
スタート前の待機中、強く降る雨ですでにビショビショ。

思い返せば小辺路やEROTIADといった夜にロングトレイルを走った時は雨ばかりだった。
今回はそれに比べればまだ朝スタートで明るいので随分とマシだと感じていた。
雨に濡れるのも別に好んで濡れようとは思わないが、それほどに抵抗はなくなっていた。
(書いていると自分が変だと改めて思うw)


8時50分。
50mileに挑戦する100名のランナーがスタート。
土井選手や大杉選手、中谷選手といった関西を代表するトレイルランナーたちの走り。
どんなゴールとなるのかとても楽しみだった。

50mileの部門に参加するためには、100キロ以上のトレイルレース完走経験かフルマラソンサブ3達成が条件で、さらに50㎞の関門時間がスタートから7時間30分というヘンタイな設定。
何人の選手が完走できるのか?というところも多くの人が注目していたところだったと思う。

9時になると50㎞の第1ウェーブのスタート。
第2ウェーブは9時20分のスタート。
(ウェーブスタートとは全ランナーが一斉にスタートするのではなく、何組かに分けてスタートすることで、スタート前、スタート時、スタート後のコース上、それぞれの混雑などを緩和するスタート方式)

1000名以上が参加している大会なので、2組に分けても結構ごった返している。
階段の幅が狭くて、大渋滞。
でも、始めはそれぐらいが丁度いいかもしれない。
登りで、どうせ走らない、というか走れないし(笑)。

登れば下りが現れる。
ここは頑張るというかスピードを落とさないようにする。

下りが得意な人、登りが得意な人、林道が得意な人とかトレイルでも得手不得手色々あると思う。
僕はどちらかというと、登りが苦手で下りが得意だと思っている人。
そして、トレイル(未舗装路)走っている時のロード(舗装路)は走る気ゼロになるタイプ。

だから、下りだけは頑張ろうと決めていたのが今レース。
実は5月4日の顔マラソン以来、全く走っていなかった。
右足の甲がなぜか腫れあがってしまって、それが結構痛かった。
迎えた5月13日は、8日間走るのを我慢して、腫れはひいていて、痛みもなかった。
走ってもあんまり痛くない程度。
でも無理はできないので、登りとフラットは捨てて、下りで稼いで完走しようという考え。

トレイルの状態は、想像よりかはかなりマシだった。
階段を川みたいに水が流れていることもなかったし、視界も良好だった。
「うん。走れる」というのが下りに入った時の印象。

どんどんペースアップして何人かをパスしていく。
だけど、なぜか3回も左の靴紐がほどける。
なんでやねん!(もしや、これが前兆?)

そして、4回目はなかったけど、その代わりにか右足をグネる。
「いったぁぁぁっぁぁああ」と心のなかで思いっきり叫ぶ。

EROTIADでグネっていなければ、多分そこまで大したことはなかったはず。
(あの時はグネった後、全く走れなかった)
同じ足をグネったせいで激痛が右足首を襲う。
まだ走り出して10分ぐらいだった。

最悪な状況。

でも、グネった痛みは意外とすぐに消えることが多いので(←あかんやつ)、少し我慢して走る。
右足首のクッションが使えないので、左足に頼って2ステップで跳ねながら下っていく。

ガンバフンバのパンツを履いた前の人がどんどん追い抜きをかけていくので、それにくっついて結構なペースで下りきる。

下りきれば今度は登らなければならない。
これが本当に大変。
下りもスキーみたいに滑り降りるところやトラロープにつかまって落ちるところもあったけど、登りよりかはマシだった。

登るときにグリップがきかないようなズルズルの急勾配は、めっちゃしんどい。
木を掴みながら、なるべく蛇行しながら登る。
けど、滑る滑る(笑)。

そして、木を掴もうとして、手が届かなくてあっさりと滑り落ちた(;´∀`)

でも、後ろの人に止めて頂けて滑落せずに済んだ。
止めて頂いた方、本当にありがとうございました。

やっぱり雨のトレイルは登りが問題やなと痛感した瞬間だった。

で、やっとの思いで第一エイド(1A)のロテルド比叡に到着。
今までで一番長いと感じた10㎞。
でも、その後さらに長いと感じるレースが・・・(゚Д゚;)



②に続く

5月20日(土)に比叡山インターナショナルトレイルランの打上げをしませんか?
参加賞の「己の限界に挑め」ボトル(勝手に命名)で乾杯しませんか?
あの日にあったあんなことこんなことを共有しませんか?
参加します!という方がいらっしゃれば、ぜひコメントでもメッセージでもなんでも構いませんので、ご連絡ください。
比叡山を走られた人も、ボランティアでご尽力なされた方も、応援して頂い方も、今知ったわ!という方も、ぜひご一緒に♪
ご参加お待ちしております(^_^)


応援のクリックお願いします!(^^)!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




IMG_6393.jpg


Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
「あなたと誰かの居場所創り」をテーマに、
「食べる」と「走る」で健康的なライフスタイルを提供している、
ならまちにあるグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバル。
食のバリアフリーにも挑んでおります。

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp


ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!




Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード


オーナーNOPE
IMG_6065.jpg

1986年4月14日生まれ。
佛教大学社会福祉学部卒。
2014年8月、ダイエットのためにランニングを開始。
初めは30分も走れない状態からフルマラソン完走を目指す。
2015年3月1日、淀川寛平マラソンにて初マラソン完走&サブ4達成。
以後、大阪マラソンや奈良マラソン、トレイルランなど走る世界にどっぷりつかる。
身体をさらに引き締めるために2015年夏グルテンフリーを始める。
グルテンフリーを始めてから、自分がグルテン不耐症だったと気づく。
小麦粉が含まれている加工食品を食べない食生活により、汗の嫌な臭いまでなくなる。
汗の臭いがなくなったのは加工食品に含まれる食品添加物を食べなくなったからだと気づく。
オーガニックフードにこだわり始め、食の大切さに加え「人間の身体は食べた物でできている」と痛感する。
外食をした時に何も食べられるものがなく、社会から取り残されたショックを味わう。
社会福祉、ランニング、グルテンフリー、オーガニックフードをひっくるめた事業を起こそうと、
ランナーズバルコレールをならまちに2016年3月にオープンさせた。
【マラソン自己ベスト】
3時間15分23秒(奈良マラソン2015)

オーナーブログ
「We can do ~ラ
ンニング初心者がフルマラソンサブ3ランナーになる方法(只今実践中)~」


グルテンフリーするなら必読!おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)



私のグルテンフリーの原点。
世界最高峰テニスプレイヤーのジョコビッチ選手が証明するグルテンフリーの絶大な効果!
ダイエットから健康づくり、トップアスリートまで全ての人に共通する、
現状を打破するための『鍵』が書いてあります!
グルテンフリーに少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ読んでみることをおススメします!


『この4つを食べなければ病気にならない』崎谷式パレオ食事法

新品価格
¥1,296から
(2016/5/12 17:56時点)



グルテンフリーを始めて、加工食品や乳製品も食べなくなると、
自然と体調がよくなり、体臭や汗の臭いが改善された不思議。
人間が本来食べるものを食べる生活がどれだけ身体にいいのか。
本来食べない物を食べ続けることがどれほど体に負担をかけているのか。
一度数週間食べない生活を送ってから、食べてみると簡単にわかります。
食事制限が大変な人は、まずはこの本を読んでみてください。





スポンサードリンク









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Runner's BAR CORRER

Author:Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
Runner's BAR CORRER


「あなたと誰かの居場所づくり」をテーマに、「食べる」と「走る」で、地域課題・社会課題の解決を目指す、全く新たなグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバルです。
当店が提供する料理には小麦はもちろん、化学調味料などの食品添加物は一切添加しておりません。


〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
OPEN10:00~CLOSE22:00
毎週木曜定休
日曜要予約
18時以降は立ち飲みバースタイルでドリンクのみの提供
18時以降のお料理提供は前日までのご予約必須

【ランチプレート】
¥1400
【ランチカレーセット】
¥1200
【オーガニックコーヒー】
¥450
【ビール】(アサヒスーパードライ)
¥400
【グラスワイン】
¥300~
【春鹿300ml】
¥1200
【ディナーセット】
¥2000~¥4000

アレルギー等に合わせた調理可能です♪
ベジタリアン・ビーガンにも対応します。
盲導犬・聴導犬・介助犬との同伴もちろんOK!
お子様連れも問題ありません(^_^)
English Menu あります。
英語での接客も可能です。
English Spoken


席数
【1階】
立ちのみカウンター
【2階】
テーブル席×最大16名


ランニングイベント開催しています!
ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!

『ならまちかけっこ教室』
5歳~11歳の子どもを対象により速く走れるようになるための教室を開講中!


ご質問などあればお気軽に問い合わせください。






スポンサードリンク

おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング参加中

スポンサードリンク