記事一覧

食物アレルギーをもつ子どものお母さん。1人で悩まないでください

食物アレルギーをもつ子どものお母さん。1人で悩まないでください。

ランナーズバルコレールは、アレルギーに100%対応したお料理をご提供しております。
お弁当やお料理のテイクアウトも可能です。
アレルギー対応に特別なご予約は一切必要ありません。

だから、1人で悩み苦しまないでください。
どうぞお気軽にご来店ください。
お電話ください。
児童相談所にいっても食の改善は行えません。

当店を少しでも課題解決のツールとしてご利用いただければ幸いです。




非常にショッキングなニュースが先日飛び込んできました。

「アレルギーの5歳娘に牛乳 千葉・流山、殺人未遂容疑で母逮捕 」
このニュース、読めば間違いなく出てくる言葉は、
「なんて母親だ!」ではないでしょうか。

しかし、考えてもらいたいのです。
「なんて○○だ!」と言われるべきは、
「なんて母親だ!」と言っている人、つまり日本社会全体ではないかと。

「無知は罪」です。
食物アレルギーで一般的な生活から排除されてしまっている人は少なからずいらっしゃいます。

小麦がだめ、卵がだめ、乳がだめ・・・

小麦が食べられないだけでも、気軽に外食は楽しめません。
「今の飲食店はアレルギー表示されているでしょ?」って思われるかもしれません。
でも、食べられない人からすれば、
「だからなに?」といった感じです。

表示されていようが、表示されてなかろうが、
食べられないものは食べられないままで、
変わりないからです。

日本人って、「他人を気遣う優しい民族」なんて思われていませんか?
僕は違うと思っています。
「礼儀正しく、ルール・マナーを守る」文化ではあります。
でも、これって裏を返せば、他人に冷たい文化なんです。

他人に迷惑をかけないために、自分を守るために、
「自分は」ルールを守って、マナーを守る。
他の人と同じように、一人だけ集団からはみ出さないようにするために。

だから、他人に迷惑をかけるような人、自分の身を自分で守れない人のことなんて、
最初から知ったこっちゃない!って感じなんです。

「小麦アレルギー?
あっそう、大変だね。
でも、私には関係ないし、本人がなんとかして食べるでしょ。」

こんな感じですよね。

私もかつてはそうでした。
無関心でした。
無知でした。
そして、自分がグルテンを食べると体調不良が起こるとわかってからは、
社会から冷たくされる存在へと180度立場が変わりました。


だから、当店ランナーズバルコレールは奈良で唯一の「グルテンフリーレストラン」として営業しております。
「食のバリア」を少しでもなくすために、お料理を提供しております。

日本人の食物アレルギーや食の多様性に対する理解は非常に低いです。
恐ろしいほどに低いです。
自由に食事ができないほどの程度の低さ、質の低さです。

「なんて母親だ!」ではなく、社会が作りだした事件に他なりません。

「なんて母親だ!」と結論づけてしまえば、自分はなにもしなくても問題ありません。
そうなってしまっては結局、食品アレルギーに関する問題、
誰もがなんの気兼ねもなく自由に楽しく食事ができる「食のバリアフリー」の実現は不可能です。

「なんて母親だ!」ではなく、じゃあ自分は食物アレルギーに悩む人に対してなにをしてきたのか、
それを考えなければいけないのではないでしょうか。

今、日本(日本人)が抱える食の問題をクリアーにしていくには、
答えは簡単なんです。

「なにを食べるか」を考える。
「自分は一体なにを食べているのか」を知る。
これだけです。

あなたが本気で「食」について考えれば、日本は大きく変わります。


食物アレルギーをもつお子さんのお母さん、お父さん。
どうかお気軽に当店をご利用ください。
電話、メール、各種SNSからいつでもお問い合わせして頂けます。





以下、日経新聞社の記事より引用
アレルギーの5歳娘に牛乳 千葉・流山、殺人未遂容疑で母逮捕

2016/12/13 20:36

千葉県警流山署は13日までに、牛乳アレルギーを持つ長女(5)に牛乳を飲ませ、呼吸困難などのアナフィラキシーショックを起こさせて殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで同県流山市十太夫、母親の会社員、佐久ちはる容疑者(35)を逮捕した。

署によると、長女は入院したが、快方に向かっている。佐久容疑者は医師から「アレルギーの改善を目指す場合でも牛乳はわずかしか飲ませてはいけない」と指導されていたという。調べに「精神状態が不安定だった」と供述し、牛乳を飲ませたことは認めている。

逮捕容疑は11日午前9時ごろ、自宅アパートで長女に紙パックの125ミリリットル入りの牛乳を飲ませ殺害しようとした疑い。

県警によると、長女は牛乳を飲んだ直後に呼吸困難などで苦しみ、佐久容疑者が119番。救急隊員が駆け付けた際、佐久容疑者は救急措置を施していた。搬送先の病院が「虐待の疑いがある」と署に通報し、発覚した。佐久容疑者と長女は2人暮らしだった。

県柏児童相談所によると、4月以降、佐久容疑者から「育児に不安がある。子供を預けたい」と相談が数回あったが、最終的に落ち着いた様子になり保護しなかった。

7月には流山署から「子供を連れて署に相談に来ている」と連絡を受けたが、同児童相談所は面会せずに「問題はない」と判断した。〔共同〕





応援のクリックお願いします!(^^)!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサードリンク







IMG_6393.jpg


Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
「あなたと誰かの居場所創り」をテーマに、
「食べる」と「走る」で健康的なライフスタイルを提供している、
ならまちにあるグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバル。
食のバリアフリーにも挑んでおります。

〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
runnnersbarcorrer@outlook.jp


ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!




Facebookページ



Twitterもよろしくお願いします!


インスタグラムもよろしくお願いします!

Instagram


LINEではお得なショップカードも配布しております(^_^)
友だち追加数

LINE追加用QRコード


オーナーNOPE
IMG_6065.jpg

1986年4月14日生まれ。
佛教大学社会福祉学部卒。
2014年8月、ダイエットのためにランニングを開始。
初めは30分も走れない状態からフルマラソン完走を目指す。
2015年3月1日、淀川寛平マラソンにて初マラソン完走&サブ4達成。
以後、大阪マラソンや奈良マラソン、トレイルランなど走る世界にどっぷりつかる。
身体をさらに引き締めるために2015年夏グルテンフリーを始める。
グルテンフリーを始めてから、自分がグルテン不耐症だったと気づく。
小麦粉が含まれている加工食品を食べない食生活により、汗の嫌な臭いまでなくなる。
汗の臭いがなくなったのは加工食品に含まれる食品添加物を食べなくなったからだと気づく。
オーガニックフードにこだわり始め、食の大切さに加え「人間の身体は食べた物でできている」と痛感する。
外食をした時に何も食べられるものがなく、社会から取り残されたショックを味わう。
社会福祉、ランニング、グルテンフリー、オーガニックフードをひっくるめた事業を起こそうと、
ランナーズバルコレールをならまちに2016年3月にオープンさせた。
【マラソン自己ベスト】
3時間15分23秒(奈良マラソン2015)

オーナーブログ
「We can do ~ラ
ンニング初心者がフルマラソンサブ3ランナーになる方法(只今実践中)~」


グルテンフリーするなら必読!おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)



私のグルテンフリーの原点。
世界最高峰テニスプレイヤーのジョコビッチ選手が証明するグルテンフリーの絶大な効果!
ダイエットから健康づくり、トップアスリートまで全ての人に共通する、
現状を打破するための『鍵』が書いてあります!
グルテンフリーに少しでも興味を持ったのであれば、ぜひ読んでみることをおススメします!


『この4つを食べなければ病気にならない』崎谷式パレオ食事法

新品価格
¥1,296から
(2016/5/12 17:56時点)



グルテンフリーを始めて、加工食品や乳製品も食べなくなると、
自然と体調がよくなり、体臭や汗の臭いが改善された不思議。
人間が本来食べるものを食べる生活がどれだけ身体にいいのか。
本来食べない物を食べ続けることがどれほど体に負担をかけているのか。
一度数週間食べない生活を送ってから、食べてみると簡単にわかります。
食事制限が大変な人は、まずはこの本を読んでみてください。





スポンサードリンク









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Runner's BAR CORRER

Author:Runner's BAR CORRER
ランナーズバルコレール
Runner's BAR CORRER


「あなたと誰かの居場所づくり」をテーマに、「食べる」と「走る」で、地域課題・社会課題の解決を目指す、全く新たなグルテンフリー・オーガニックフードのスペインバルです。
当店が提供する料理には小麦はもちろん、化学調味料などの食品添加物は一切添加しておりません。


〒630-8381
奈良市福智院町31-2
0742-93-8484
OPEN10:00~CLOSE22:00
毎週木曜定休
日曜要予約
18時以降は立ち飲みバースタイルでドリンクのみの提供
18時以降のお料理提供は前日までのご予約必須

【ランチプレート】
¥1400
【ランチカレーセット】
¥1200
【オーガニックコーヒー】
¥450
【ビール】(アサヒスーパードライ)
¥400
【グラスワイン】
¥300~
【春鹿300ml】
¥1200
【ディナーセット】
¥2000~¥4000

アレルギー等に合わせた調理可能です♪
ベジタリアン・ビーガンにも対応します。
盲導犬・聴導犬・介助犬との同伴もちろんOK!
お子様連れも問題ありません(^_^)
English Menu あります。
英語での接客も可能です。
English Spoken


席数
【1階】
立ちのみカウンター
【2階】
テーブル席×最大16名


ランニングイベント開催しています!
ランニングイベントの詳細・申込みはモシコムからどうぞ!

『ならまちかけっこ教室』
5歳~11歳の子どもを対象により速く走れるようになるための教室を開講中!


ご質問などあればお気軽に問い合わせください。






スポンサードリンク

おススメ書籍

ジョコビッチの生まれ変わる食事

新品価格
¥1,512から
(2016/5/12 17:54時点)

メールフォームでのお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング参加中

スポンサードリンク